忍者フォトグラファーなかじーのプロフィール

中嶋優貴(なかじまゆうき) です。

4年間水産加工食品メーカーのR&D部門で働いたのち、フリーランスになりました。

このサイトは忍者フォトグラファーの日々の活動や気づきをまとめるブログです。

写真のことから、動画のこと、活動内容、日常の話、あつかうテーマはさまざまです。

普段、SNSはFacebook   ,  Twitterをメインとしているので、更新情報を確認したい方はフォローしていただけると嬉しいです。

ご紹介

【一眼レフを所有したきっかけ】
ディズニーの年間パスポートを所有したことをきっかけに、一眼レフを所有する。
非日常をありのまま残す楽しさやカメラを通して見える世界に好奇心や冒険心を抱き、ディズニーは飽きて一眼レフの撮影に夢中に。
女性を始めて撮影した際に「私もこんな可愛く映ることができるんだ」「良い思い出になりました嬉しいです」というお声を頂いた時に
自分の撮影を通して被写体さんの喜びに貢献できることを知り、更に撮影を好きになる。

【忍者フォトグラファーを始めたきっかけ】
食品メーカーの研究開発部門で働きながら、撮影は趣味程度に行なっていたものの
ある日、職場の先輩方が好きなことを仕事にしていることに気づいた。それをきかっけに私自身が本当にやりたいことは何かを考えるきっかけとなる。
後に、私は写真撮影、動画撮影、旅が好きで、その好きなことを通して仕事をして行きたいと思うようになり4年勤めた後、退職。
現在は自身の撮影好き・旅好きの観点から、日本へ訪れる外国人観光客の旅がより楽しく、良い思い出となるよう貢献したく東京を拠点に撮影を行なっております。

【写真・動画・旅に対する想い】
写真は見返した際にその時の思い出が蘇る一番身近な旅の思い出であり、動画はさらに楽しい記憶をふりかえることができると考えている。
旅は非日常を感じる特別な期間であり、様々な土地が思い出となるものの、最終的には人との出会いがより楽しい旅の記憶であると自分の旅の経験を振り返って感じた。
だからこそ、彼らの旅がより楽しく、よい思い出になることに貢献できるよう
私が忍者の格好をして、一緒に楽しみながら彼らの観光中に同行して撮影(写真・動画)を行なっております。

【最後に】
日本へ訪れる1人でも多くの外国人の日本での旅がより楽しくなることを願っております。それは私が撮影好きと旅好きだからこそ思いを持って行えることです。

 

 

カンタンな経歴

1995年2月21日生まれ

東京都ど田舎出身

小学校2年生から4年生は名古屋で過ごして、それ以降は東京で過ごしています。

幼稚園の頃からブロック遊びが好きで、小中学校も「技術/家庭」とかいうものづくり系が好きでした。

とはいえ、将来なりたい職業など全くなかった。ものづくりが好きに変わりはなかったので、高校もものづくり系の分野を希望して行くことに。

尚、なりたい職業は見つからず、就職という道へ。

当時、なんとなく大学に行っておきたい。という考えはあったものの、

 

私の親はそれを許しませんでした。

やりたいことがない、目的ないなら大学行く金なんかださねぇよ

まあ当然のように聞こえますが、その当時は

高校生中嶋
なんて親だ、おれもとりあえず大学いっておきたい

なんて思ってました。

今思えば、その判断をした親に感謝しています。

 

ということで、高校には求人が相当数来ていたため

ざっと目を通して、一番給与が高い会社に応募しました。

食品メーカーです。内容は工場勤務。

ここから私の人生は大きく変わることとなりました。

 

良い意味で荒波の4年間でした。

工場勤務ではなく、研究開発部門に配属されることになりました。

私の思考、行動の仕方が180度変わりました。

 

そして、ちょうど3年目の頃、周りの先輩方をみて疑問を持ちました。

  • 土日に遊ばないで仕事を進めてくる先輩
  • 睡眠、お金を削ってでも自己投資・スキルアップしている先輩
会社員中嶋
一体この人たちはなんでここまで打ち込んでいるんだろう?

気になるというより、

不思議で仕方なかった。

そして職場の先輩方が好きなことを通して仕事をしていることに気づく。

A先輩
「こういう難しいアルゴリズム考えるの好きだからねぇ」
B先輩
「おれにはもっと救える人たちがいる、救うためにはおれがレベルアップしていかないと」

かっこよすぎて、はぁ。。って感じでしたが、まじめにこう言っていたのです。

先輩方は好きなことや、やりたいことを仕事としてやっていたのです。

私は難しいとはいえ自分なりにやりがいを見つけ楽しい日々でした。

”仕事が好きなこと”という自分にはない考えに衝撃を受け

「自分の’やりたいことはなんだろう?」と自問自答をするきかっけに。

会社員中嶋
好きなことだったらずっと考えてられる!

と思い、好きなことを羅列して、自分は今後どんなことをやっていきたいか、出勤前、出勤後にカフェに行き考えるようになりました。

①自分にしかできないこと
②好きなことを通して価値を生み出したい

この2点に絞って考え、2016年12月に「忍者フォトグラファー」という答えを出す。
2017年3月末に退職。

本格的に忍者フォトグラファーの活動をして行きたく、2017年12月から台湾に移動。

2018年2月からヨーロッパに来ています。

ちなみに

好きなこと/趣味

  • 甘いもの
  • ディズニー(過去に年パス所有していました)
  • 音楽(EDM)
  • 撮影(一眼レフ)
  • 動画編集
  • スノボ
  • 海外旅行
  • NAARUTO これ最高

 

あと最近気付きました。

幼少期からものづくりが好きで、今でもそれは変わらないと。

  • 写真を撮って編集
  • 動画を撮って編集

自らで新しい世界観を作り出す感覚が僕は好きで、撮影を没頭して行うことができます。その結果喜んでいただけるから嬉しい。

 

 

ブログへの想い

私は忍者フォトグラファーを通して、働き方の多様性を体現したいと思っています。

もちろん楽しいことしたい、海外の人と関わりたい、写真動画に携わりたい、色々ありますが

忍者フォトグラファーを通して、どんな人を増やしたいか?どんな価値を見出すか?と考えた時に

働き方の多様性を体現したい。という答えに至りました。

単なるフォトグラファーではつまらないし、やるからには飛び抜けて面白い存在でありたい。

 

ぜひ皆さんには、忍者フォトグラファーという新しい職業を目にして、

「こんな生き方もあるんだな」

と感じてもらい、なにかやりたくてうずうずしている

踏み出せないでいる、そんな人たちを後押しできる存在にいつの間にかなってたらいいなぁと思っています。

そして写真、動画、旅の魅力が1人でも多くの人に伝わり、人生をより楽しめるきっかけとなれば幸い!です。

 

 

 

忍者フォトグラファーなかじーのSNS

 

●Facebookページ

●Twitter

●Instagram

●Line@