【後半】Uber eats という嫌いな仕事をしていたら動画編集が・・・(動画付き)




この記事の続き

【前半】Uber eats という嫌いな仕事をしていた話

2017.10.28
uber eatsという僕がもう絶対にやりたくない、嫌いな仕事がある。

お金が必要で始めた仕事だが、やりたくないあまり、動画編集ばかりしていた。

その時に作った動画

こちら

 

まったく予想だにしていなかったが、意外と反響があったのだ。

この動画きっかけに仕事きたらいいなー程度。

uberも嫌とはいえ続ける気でいた。

 

しかし

 

この動画をきっかけに、いくつか動画編集の仕事を頂けるようになったのだ。

非常にありがたいことです。

自分がやってみたいとおもうエフェクトを盛り込んで作った動画で、仕事につながったので

運が良いな〜・・・。と強く感じるこの頃。

 

はい、結果的に嫌なUber eatsから逃げて、やりたいことやってたら

Uber eats から徐々にフェードアウトすることができたので、結果オーライだが

もうやりたくないなぁ。uber eats.

不思議ですよね笑、お金ないからuber eats 始めたのにやりたくないっていってやらない。

危機感をあまり感じない。鈍感なのかしら。

 

 

現在(2017年10月中旬)本格的に初めてから2−3ヶ月が経ち、忍者フォトグラファーは

観光客にとってオンリーワンとなる旅の思い出動画を制作している。

 

 

 

 

友だち追加
LINE@ではブログ更新、youtube更新、イベント情報を先行して発信しているよ!

それでは。ニンニン




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フォトグラファー・ビデオグラファー。 22歳。会社を4年勤めたのち会社を辞める。フォトグラファー、ビデオグラファー、ubereats(もう絶対やりたくない)、講師業(一眼レフ講座)をしながら独立。趣味は海外旅行と撮影です。🇹🇭🇮🇹🇻🇦🇻🇳🇺🇸🇭🇰 ラスベガスのニップレスの女性が僕の恩人。 ■詳しいプロフィールはコチラ ■初訪問の方へ:ABOUT NINJA PHOTOGRAPHER ■お問い合わせはコチラからどうぞ